2009/7/26 プロジェクトの目的 

ミツバチの飼育を通じて、銀座の環境と生態系を感じるとともに、採れたハチミツ等を用いて銀座の街との共生を感じることを目的としています。

 
 

名 称

銀座ミツバチプロジェクト

住 所

お問合せ

03-3543-8201

関連情報

環境と生態系を感じる屋上養蜂

緑の少ない都心の銀座において、サスティナブルな社会と環境について、ミツバチと彼らが、毎日銀座の街の環境資源から採取されるハチミツ等を通じて実感し考える。

『ミツバチの生息・生育を支える銀座の環境基盤を感じる 』

ミツバチが活動し、ミツの源となる緑地環境は以下のようになっています。

<半径500m以内>
まとまった緑地はありませんが、マロニエ通りの街路樹や花壇、屋上緑地など緑が点在しています。

<半径1km以内>
聖路加病院の外溝や屋上緑地が、まとまった緑の拠点として存在しています。

<半径2km以内>
南に浜離宮、西に日比谷公園、北に皇居とまとまった緑の拠点が存在します。 また、東に隅田川の緑や、佃のリバーシティ21に整備された外溝の緑、月島市街地の街路樹 など街の緑が存在しています。

<半径2km以遠>
南に芝離宮、芝公園、増上寺の緑、北に東宮御所の緑が存在しています。


『ミツバチの生息・生育で生態系の回復に貢献する』

ミツバチがハチミツを採取したことにより、近隣の木々は受粉しているはずです。その結果、初夏から秋にかけてソメイヨシノやマロニエなどの樹木は実を付けることでしょう。そして小鳥がその実を食べに集まってきます。 ミツバチを飼っていることで、今まで見えなかった都市を支える自然環境が見えてきました

銀座ハチミツでつくる・味わう

銀座で何かを生産する。その収穫したものから、次の何かが生まれる。この街には、採れた少量のハチミツを活かす力があります。 私たちはハチミツを通じて銀座から新しい価値を創造することを目的としています。

『銀座生まれのハチミツを味わう』

私たちは、出来た蜜を単に売るだけでなく、銀座のバーやクラブの方々にカクテルを作っていただいたり、パティシエにケーキなどの スイーツを作っていただくなど、銀座生まれのハチミツを銀座の中心で一緒に味わっていただくことを考えています。


『蜜蝋を銀座で使う 』

ハチの巣から採れる蜜蝋でロウソクを作り、キリスト教会でクリスマスキャンドルサービスに 使っていただき、同時にミツバチをテーマにコンサートを開催する等などを考えています。

2009.07.26