2018/3/23 馬と人・都市と地方をウマく繋ぐシンポジューム 

3月23日、GateJ.新橋において馬と人の持続可能でハッピーな仕組みづくりを目指して!と言うシンポジュームが開かれました。八幡平 松尾地区農泊推進協議会が主催となって、引退した競走馬たちのセカンドキャリア、サードキャリアの構築を一次産業をベースに組み立て、ウマい野菜をつくり届けることで、都市と地方との交流拡大に向けた取り組みがスタートしました。コメンテーターとして、銀座ミツバチプロジェクトの田中淳夫代表が、先行している馬ふん堆肥活用の事例や銀座と地方との交流事業について発表しました。