2010/3/13日本在来種みつばちの会総会に出席しました。 

3月13日土曜日、盛岡で”日本在来種みつばちの会”総会が開催されました。 

会の前に、日本ミツバチのために新開発した新素材の巣礎も見せていただき、熱した蜜蝋で漬け込む作業を拝見しました。 
これで早い成長を促しながらシーズンを迎えることが出来そうです。 

 
 

名称

銀座ミツバチプロジェクト

住所

お問合せ

関連情報

総会には、日本養蜂ハチミツ協会の木村事務局長様も参加されました。 
 
議題の中で、新役員に高安和夫さんも前回一致で了承され、前年選任された 田中淳夫と共に銀座ミツバチプロジェクトかた二人が、在来種ミツバチのための 発展に努めることになりました。 

議案が全て了承された後、長崎県から講演のために来ていただいた
久志冨士男さんが、ご自身が苦心の末に作られた日本ミツバチ用の巣箱の説明と、
長崎の農薬の状況を詳しく説明していただきました。
著書:ニホンミツバチが日本の農業を救う